静岡県公式移住・定住情報サイト ゆとりすと静岡

静岡県・市町の概要

森町 今日からもっと あなたまち

森町は、静岡県西部の中山間地にあり、三方を小高い山々に囲まれ、町の中央を清流「太田川」が流れる風情豊かな町。大正時代、森町を訪れた地理学者「志賀重昂」は、山紫水明のこの町を「小京都」と称賛し、以来、森町は遠州の小京都と呼ばれるようになりました。
新東名高速道路の開通に伴い、町内に2カ所のICが設置されアクセス性が向上したことにより、町の更なる発展が期待されています。

オススメポイント

  • 豊かな自然と農の恵み

    森町の山間部は南アルプス赤石山系の南端に連なり、山麓からなる里山が懐かしい日本の原風景を残しています。そうした豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、お茶、とうもろこし、次(治)郎柿、メロン、レタスなど特産品もバラエティに富んでいます。特産品の一部はふるさと納税の返礼品として取り扱っています。

  • 健やかに安心して暮らせるまち

    子どもから高齢者まですべての住民が、健やかに安心して暮らせるよう、医療・福祉・子育て支援の充実を目指す、さまざまな取組が行われています。静岡県が発表している「お達者度」(介護を受けたり病気で寝たきりになったりせず、自立して健康に生活できる期間)では、平成27年公表のデータで、森町が男女ともに1位でした。

  • 遠州の小京都とおもてなし

    平成24年(2012年)より全国京都会議に加盟し、現在、遠州の小京都まちづくりがすすめられています。森町を訪れるみなさまが心に京を感じ和やかな気持ちになれますように、京都にも通じる、まち・人・ものに息づく文化伝統を次代につなぎ、自然の恵み、人の恵みでおもてなしいたします。

  • 歴史ある町並み

    森町は、その昔、火伏せの神「秋葉山」へ通ずる秋葉街道の宿場町として賑わいました。今も街道脇に残る格子戸の町家や路地裏の土蔵はその時代の名残です。

基本情報

面積 133.91km²
人口 1万9千人(H29.12.1現在)
特産品 お茶、とうもろこし、次(治)郎柿、メロン、レタス、お米
アクセス ●車の場合
・東京ICから2時間少々
・名古屋ICから1時間少々

●新幹線(こだま)の場合
・東京駅から掛川駅(約1時間50分)→天竜浜名湖鉄道に乗り換え、掛川駅から遠州森駅(25分)
・名古屋駅から掛川駅(約1時間)→)→天竜浜名湖鉄道に乗り換え、掛川駅から遠州森駅(25分)
空き家バンク あり
http://www.town.morimachi.shizuoka.jp/docs/2017101200039/

生活環境

教育環境 保育園2、幼稚園6、小学校5、中学校3、高校1
・子育て世帯を応援するため、出産祝い金の交付、子育て応援情報誌の配付(子育て中・妊娠中の人に限る)や、子育て応援モバイル事業などに取り組んでいます。
病院 病院1(総合病院)、診療所10、歯科診療所6
・総合病院へは、公共交通機関(鉄道・バス)を利用してお越しいただけます。
買い物 町内には、スーパーマーケット2店舗、コンビニエンスストア8店舗があります。
(参考)その他生活関連施設:飲食関連店約40店舗、銀行・信用金庫2行、郵便局9局
交通 ●鉄道(天竜浜名湖鉄道)5駅
●バス8路線(民間バス3路線、町営バス2路線、患者輸送バス3路線)

移住相談窓口

森町役場定住推進課移住交流係 電話:0538-85-6321

一覧に戻る